SMクラブだからと言って【本番強要】がない訳ではありません

SMクラブも例外ではありません

ヘルスなどでは、ヘルスサービスの流れから「本番強要」をしてくるお客さんは少なくありません。

フェラなどをしている際に「入れたくなっちゃった」と言ったり、素股の際に「先っぽだけ入れていい?」などと調子の良いことを言って本番をしようとしてきます。

一方、SMクラブではヘルスサービスをいうよりSMプレイがプレイの中心のため、本番強要はあまりないように感じるかもしれません。

しかし、それは間違いです。SMプレイをしていてもその最中に本番行為を求めてくる客は多いです。

SMプレイといってもヘルスサービスです

一般的にヘルスよりも圧倒的に過激なサービスを行うSMクラブですが、男性客に対して行うサービスはヘルスと同じです。

フィニッシュはフェラ、手コキ、素股が主になります。まれにフィニッシュを求めないSM好きの男性もいますが、そのような方は極めて稀で、基本的にはフェラなどのご奉仕をして男性を満足させる必要があります。

S男性はもちろん、受け身のM男性であっても興奮すればセックスをしたくなるものです。しかし、女王様は自分が主導権を握っているため「何言ってるの」で済ませることが出来ますが、責められる側のM女はそうもいきません。

本番強要を断れないM女が多い

M女でも性格によりますが、本質的にM気質のM女は「入れていい?」「セックスしたいな」などと言われてしまうと、断りたくても断れないという女性が多いです。

しかし、SMクラブも例外ではなく本番行為が禁じられている業種ですので、どんなにMな女性でもしっかりと断らなければなりません。

きちんとNOといえないと、生で入れてくる客もいますので特に注意が必要です。断ることが出来ず生でセックスしてしまい妊娠してしまったという話も聞きます。

妊娠だけでなく、性病の心配もあります。結果として後悔するのは自分ですので、消極的で大人しい方でもNOと断りましょう。

本番強要まとめ

もし、「ダメ」「無理」などと言って断れないのであれば、店のせいにしてしまいましょう。

「店の人から絶対ダメって言われてる」「バレだらクビになっちゃうから」などであれば、まだ言いやすいのではないでしょうか?

いずれにしても、『本番行為は絶対できない』ということをきちんと伝えましょう。それで相手を不機嫌にしてしまっても良いじゃないですか。悪いのはルールを守れない男性客です。また、そんな客がリピートで来ても困るだけでないでしょうか?

風俗では(特にプレイ中)自分の身が自分しか守れませんので、そのことだけは忘れないでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ