バックが高いからSMクラブのM女として働くってアリですか?

こんにちは★サポートセンター求人担当の向井です(*^_^*)

今日はSMに興味がなくても働けるのか?お伝えしたいと思います♪

バックが魅力で・・・

最近、ソフトSMクラブが増えて来たこともあり、SMに興味がある女性ではなく「バック(お金)に魅力を感じて」SMクラブ(M女専門)に応募する女性が増えてきました。

「SMには全然興味ないけど、バックが高いから面接に来ました」

「お尻は絶対に無理」「痛いのも熱いのも苦手」

SMクラブに面接に来ながら、このようなことを普通に話す女性も多いです。

実際、SMクラブで働けるの?

ルックス、スタイルが店の採用基準を超えていれば、採用になることがほとんどです。

中には「SMに興味がない」と話した時点で不採用になることもあるかもしれませんが、黙っていれば分かりません。

また、ソフトSMクラブの場合、内容がヘルス寄りなこともあるので、採用になることが多いです。

つまり、SMに興味がなくても働けるということです。

M女に対して勘違いしていませんか?

M女=責められる

これは間違いではありませんが、M女の仕事は責められるだけではありません。ご奉仕もM女の大きな仕事です。

Sな男性=責め好きと思われている方も多いと思いますが、ご奉仕をさせることが好きなS男性も多いです。

つまり、M女は責められるだけは大間違いです。また、責められてるだけだからM女は楽という考えも違いますので勘違いしないようにしましょう。

ましてや、責められるというのは思っている以上に身体への負担が大きいです。

普通のヘルスで働いていた女性だと「身体が疲れる」「ヘルスの方が楽」といって辞めてしまうことが多いです。

素質がないと指名が取れない

SMクラブはヘルスなどと比べると利用客が限られてしまいます。ヘルスなどではフリー客だけで稼げている女性もSMクラブではそうもいきません。フリー客で稼げば良いという考えはSMでは通用しません。

SMクラブでは指名に繋げることが稼げるコツと言っても過言ではありません。

ヘルスと違いSMは性癖や趣向などの相性がとても重要なので、1度お客さんに気に入ってもらえると長い期間指名してくれることが多いです。また、ロングコースで入ることがほとんどです。

お客さんに気に入ってもらえるには、ある程度M女としての素質が大切です。どんなに美人でも素質がなければSMクラブでは指名が返ってきません。可愛い子とイチャイチャしたいだけであれば、ヘルスを利用した方が効率も金額的にも安く済みます。

ですので、Mっ気がないのに、無理矢理Mのフリをして働いたとしてもお客さんが返ってくることはなく、結果として稼ぐことが難しくなってしまいます。

SMクラブとバック

SMクラブで働くのであれば、多少なりともSっ気、Mっ気がないと通用しません。無理して働くことはオススメ出来ません。

それなら、ヘルスで本数をこなした方が身体の負担も少なく気楽に働けて良いと思います。

「どうしてもお金が必要で・・・」という場合は、M女になりきってリピートを返せるように努力することが大切です。

当社でも必要な金額に合わせて業種のご紹介も可能です。お困りでしたら、1度ご相談ください♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ