女王様やM性感は性病のリスクが低いって本当?

ヘルスより低いのは事実です

SMクラブで女王様として働く女性やM性感で働く女性は、「受け身」になったり「責められる」ことが基本的にないため、男性の肌と肌で触れ合うことが非常に少ない仕事です。

性病はキスをしたり、フェラをされたり、受け身になることで移る可能性が高まる疾患ですので、そもそも触れ合うことが少なく、性器同士が触れ合うことがないため、必然的に性病に感染してしまうリスクが下がるというわけです。

性病というのは風俗で働いていなくても感染するものですが、ヘルスなどでは毎日不特定多数の男性と触れ合うため、感染のリスクが上がってしまうのです。

女王様やM性感同様に、男性と直接の触れ合いが少ない「エステ」や「オナクラ」も性病のリスクが少ない仕事の1つです。

可能性がゼロとは言い切れません

風俗では他店との差別化を図るため、独自のサービスを実施している店もあります。

例えば、M性感にも関わらず女性へのお触りが可能であったり、女王様なのにフェラをするなどです。

他店と違いから訪れる男性客は増えるかもしれませんが、このような店だとM性感や女王様にも関わらずヘルスと性病のリスクが変わりませんので、気をつけましょう。

流れに負けて・・・

いくら女王様やSっ気の強い女性と言えども、女なので、好みの男性が来店すれば「触れたい」「触れられたい」「サービス外のプレイをしたい」と思ってしまうことがあるでしょう。

プレイ外のサービスを行ったり、「好みだから特別」だと男性に身体を触らせたりしてしまうと、性病にかかる可能性を自分で上げることになります。

流れに負けて・・・という場合もあるかもしれませんが、性病を気にしているのであれば、基本プレイ以外のサービスは行うべきではありません。

女王様とM性感の性病まとめ

一般的な女王様やM性感の店で働いている場合でプレイ外のサービスを行わなければ、性病の心配はほとんどないと思っておいて大丈夫です。

また、好みの男性が来店しても流されない、プレイ外のサービスをお願いされても流されない、といった意思を強く持つことも大切です。

風俗では日々新しい業種が増えていますので、触れ合いのある女王様やM性感が広まるのも時間の問題かもしれません。

性病の心配をせず、安心して働くためにも、きちんとした店を選択することが大切です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ